世界経済共同体党

安倍晋三の安保法制は廃止・安倍晋三の憲法改正は不可。
 
   都民の皆さん、こちらは世界経済共同体党です。私が参議院議員選挙東京都選挙区から立候補している唯一神又吉イエスです。

 首相安倍晋三の安保法制について述べる。

 日本は戦後、憲法九条の平和主義に基づいて専守防衛という自衛権を全うして来た。それは個別的自衛権ともいう。それは日本が攻撃を受けた時のみに自衛権を発動するというものである。それは太平洋戦争までの軍事・軍備に頼る国粋主義日本の再現を止める目的である。しかるに、首相安倍晋三の安保法制は自衛隊が諸外国と共に国外に於いて武力を使用するというものである。それは集団的自衛権ともいう。それは従来と全く手のひらを返す出来事であり、明確な憲法九条違反である。自らの国の憲法を守らない首相がどこにいるのか。安倍晋三の安保法制の目的は、国外での自衛隊の軍事力・軍備力の増強を背景にした日本の国粋主義である。それは日本の弱み・弱さであると同時に危険・危機をもたらすものである。それは太平洋戦争までの日本の歴史が証明している。よって、安倍晋三の安保法制を廃止するのは当然である。そして、憲法九条の平和主義に基づく専守防衛という自衛権を、従来通り全うすべきである。

 日本の道・世界の道、本当の日本・本当の世界とは、唯一神又吉イエスの物事・政治・経済の真実・真理・正義・普遍の唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本・世界経済共同体である。そこに於いて、常に言っている通り、唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本は世界を牽引・リードする国とならなければいけない。その日本は当然、平和を志向・実行する国でなければいけない。それは憲法九条の平和主義による専守防衛という自衛権を維持・全うすることである。

 最後に述べる。憲法改正は唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本成立の時に、物事・政治・経済の真実・真理・正義・普遍の内容の憲法改正を行うべきである。安倍晋三の憲法改正は、述べたところの安倍晋三の安保法制と軌を一にして日本の国粋主義化が目的であり、それは先にも述べたが日本の弱み・弱さとなると同時に危険・危機をもたらすものとなる。よって、安倍晋三の憲法改正は絶対にあってはならない。

テープ放送音声ファイル
・ 音声ファイルにつきましても文章等と同様の著作権方針となります。
・ 音声ファイルへの直接リンクはご遠慮下さい。リンクを張る場合はこのページにお願いします。



<トップページへ>