世界経済共同体党

臓器移植・輸血は禁止
 
   人類の創造者、唯一神又吉イエスは、個人の体は当人のものとして与えてある。この摂理を破る脳死移植は、他人の死を待つ罪であり、また殺人である。ただ、事を行う臓器提供者は、軽薄な偽善者である。心臓・肝臓・血液等、全て体の一部であり、公平・平等の観点から、生体移植・輸血もしてはならないことは当然である。人生は体の命の長短ではない。今の人生の結果、天国で永遠に生き続けるか、地獄の火の中で永遠に苦しむかだ。その裁きをするのが、天国そして地獄を造り持っている唯一神又吉イエスである。以上の理由から唯一神又吉イエスが、日本そして世界に於いて、臓器移植法を廃止し、輸血禁止法を制定する。



<トップページへ>