世界経済共同体党

在日韓国・朝鮮人の本質
 
   在日韓国・朝鮮人の父母・祖父母の代の皆さんには、過去の日韓・日朝間の歴史の中で苦労があったという事実がある。 しかし、在日韓国・朝鮮人の本質を忘れてはいけない。その本質とは、在日韓国・朝鮮人が国を捨てているという事実である。 それは当然、間違いである。そして、それは一番の重大事であり、それを忘れることは底が抜けることを意味する。当然、悪い結果が出る。そのあたりを述べたい。

 先ず、日本の国政・地方選挙権はない、国家公務員と自衛隊・警察・消防隊等の公安職には就職できず、地方自治体にも就職できるとは限らない。 その他にも制約がある。そして更には日本という国が好きで、日本のために尽くし、その結果、自分のためにそして日本人一人びとりのために尽くすことができるのか。 それは無理というものである。それができるという在日韓国・朝鮮人がいるならば、それ自体がおかしいと言わざるを得ない。 その人は金・地位・名誉等に災いされ、または人生の目的がわからないか捨てているとしか言いようがない。述べていることは一番大切なものが抜けている。 底が抜けているということである。人間には道があり、物事の真実・真理・正義がある。在日韓国・朝鮮人は帰国すべきがそれである。故に、日本帰化はすべきでない。 それを法律化し遡及権も付けるべきである。遡及権の及ぶ時期は唯一神又吉イエスが発言しているこの時である。

 以上から、在日韓国・朝鮮人は帰国すべきであることが理解できよう。 帰国して、人間の人生としての全人価値を求め、更には発揮すべきである。 そして自分のために、韓国・北朝鮮とその一人びとりのために、更には世界・人類一人びとりのために尽くすべきである。 先ほど「日本の国政・地方選挙権はない、国家公務員と自衛隊・警察・消防隊等の公安職には就職できず地方自治体にも就職できるとは限らない。 その他にも制約がある。」と言った。それらは日本・日本人の主権の問題からして当然である。以上が在日韓国・朝鮮人問題の核心である。

 現在、元外相前原誠司・前首相管直人・首相野田佳彦に在日韓国人の外国人政治献金問題が出ている。 政治資金規正法違反であり、当然、気を付けるべきである。 しかし、同時に気を付けなければいけない問題は、野田佳彦が2009年の衆議院選後の千葉民団の集会で選挙の礼を述べていることであり、 また、在日民団の新年会に多くの民主党国会議員が参加していることごときである。これらの行為は確かに法律には触れないであろう。 しかし、在日韓国・朝鮮人に関わる永住外国人地方選挙権問題等の日本・日本人の主権の問題、政治資金規正法の外国人政治献金の禁止目的からして、 これらの行為はやめるべきは当然であり、そうしなければこれらのけじめ・めりはり・節操のない政治行為によって日本がだめになるからだ。 ところが、こんなことをしてまで政治をするという体質が民主党にある。これは国を守るという論なし・精神なし民主党の売国行為である。 その筆頭が小沢一郎と鳩山由紀夫である。よって、彼らは日本の政治から即刻引退すべきである。 

 唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本・世界経済共同体は世界のそれぞれの国が求心力を以って国を守り・つくり、その求心力を遠心力に変えて世界各国を大切にし、 その世界各国が公平・平等につながることである。そして国・個人を単位としても同一水準経済を実現することである。 そこに日本をはじめとする世界各国、日本人をはじめとする人類一人びとりのほんとうの政治と命・人生・生活がある。 それは在日韓国・朝鮮人問題にも、述べた論理の通りに、当然つながっている。




<トップページへ>