世界経済共同体党

小泉靖国参拝に、更に物言い
 
   首相小泉純一郎が、また、靖国神社を参拝した。しかも、8月15日という終戦記念日にである。首相をはじめとする公人による靖国参拝の最大の問題点は、既に指摘している通り、A級戦犯が合祀されていることだ。その靖国参拝を公人がすれば、満州事変・日中戦争から太平洋戦争に至る日本の天皇中心の国粋主義・軍国主義というファシズムの侵略戦争を否定することになるからだ。それは歴史を歪曲し、侵略を受けた中韓をはじめとする東アジア諸国、そして世界に対する背信行為である。小泉純一郎にはこの筋がわからない。すなわち、彼は個人の信教の自由を盾にガンとして譲らない。或いは、駄々をこねている。彼には物事の大小・後先がわからない。まるで幼稚園児の頭だ。

 しかし、事実はそうであろうか。そうではない。述べている公人による靖国参拝の物事の筋が、大の大人の小泉純一郎にわからない訳がない。そうだ、彼は欺瞞を語っているのだ。彼は詐欺師なのだ。それこそ大罪だ。その筋はこうだ。一言で言えば、間違えた歴史に国威を感じて、そこに胡坐(あぐら)をかこうとしている。それはこういうことだ。個人の信教の自由を通して、「鎮魂のために、不戦の誓いのために靖国神社を参拝する。」と言えば、国民に戦没者を悼む気持ちがあるから、参拝に文句を言わないであろう、逆に、賛成してくれて、それが日本の求心力になると踏んでいるのである。つまり、欺瞞に満ちた小泉靖国参拝は、日本の天皇中心の国粋主義・軍国主義のファシズムを目的とし、そうなることを期待しているのである。

 問題は、こういう首相を支持して、日本が侵略戦争の教訓も生かさず、中韓をはじめ東アジア諸国と世界に対して背信行為を行っていいのかという問題だ。国民が、そういう日本人になっていいのかということだ。

 小泉靖国参拝のために、日中間・日韓間の首脳会談が行われないのは、先方の責任であるという説があるが、小泉靖国参拝はその筋から考えると、宣戦布告をするようなものだ。従って、首脳会談が行われないのは、先方の責任ではなく、明らかに日本の責任である。

 時代は、公人の靖国参拝を通して、歴史に逆行するような日本にする時代ではない。唯一神又吉イエスが、この日本に再臨している。そして、唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本・世界経済共同体により恒久絶対平和を築く時代である。故に、先ず、日本が政治の真実・真理・正義を貫くべきだ。その最大のものが「公人による靖国参拝禁止」である。「日本が靖国参拝を止めても中国は変わらない」と言うべきではない。先ず、日本が正しい政治にして、中韓をはじめとして、東アジア・世界に必要な提言・物言いをしたら宜しい。今後の日本・世界の政治を唯一神又吉イエスが牽引・リードする。

 なお、小泉靖国参拝は物事の裏の図々しさ・自己中心、それは日本・東アジア・世界の大問題(今までの発言記録)、教育基本法改変問題、日本の愛国心とは何か(第十二回勉強会レジュメ)も併せて読んでください。




<トップページへ>