世界経済共同体党

杉並区立和田中学校の夜間塾に異議
 
   夜間塾の最大の問題点は、個人が月謝を負担しなければいけないことだ。

 そうすると、夜間塾に参加したくても参加できない生徒が出てくることが考えられる。問題はそこである。それは当然、不公平・不平等である。勉強・学力は生徒達一人びとり、全生徒に必要なものである。従って、塾を利用することは個人の立場で行うべき性格のものである。公立校・私立校を問わず、学校は公の機関であり、よって、その学校内での塾利用は行うべきでない。

 ただ、学校内での塾の月謝を、学校側かそれぞれの自治体等が負担して、全生徒が参加できるのであれば、不公平・不平等性は解決されるので問題はなくなる。

 後は、学校側の教育方針と塾側の教育方針の整合性の問題となろう。



<トップページへ>