世界経済共同体党

抜けものの国民投票法案論議
 
   憲法第九条の改悪をはじめとする憲法改悪の目的は、首相安倍晋三らによる日本の右傾化政治、すなわち天皇中心の国粋主義・軍国主義・全体主義・軍事大国化の日本である。それは火を見るよりも明らかな事実である。そして、その事実は、唯一神又吉イエスが指摘している通り、日本の最大・永遠の懸念・危険である。ならば、憲法第九条をはじめとする憲法改悪を止めるために、そこへの「渡りに船」となる国民投票法案は無用・不要である。最低投票率云々等の国民投票法案の内容論議は、現実を見ない無用・不要論。全てを見ている唯一神又吉イエスの論により、日本を守らせよ。世界も同。





<トップページへ>