今回衆議院選の総括
 

(1)

選挙ポスター貼りが二日がかりになるかもしれないとのことであったが、新旧合わせて22名のボランティアの皆さんが一日で貼り終えた。初日、選挙カーは新宿区を回ったが、目にする選挙ポスター掲示板は全て張られていた。その速さに驚きと頭の下がる思い。

(2)

首相小泉純一郎・海江田万里・与謝野馨・堀江泰信そして東京1区有権者一人びとりに対する政治責任追及の演説を、都合8回行ったが、各回とも少なくとも30分以上の時間的余裕があり、じっくりと丁寧に説明できたことは大変に有意義であった。各回ともかなりの聴衆に集まっていただいた。それで、早くも2007年7月の参議院選の演説会を想定する。1日に3回はこなせると思う。各演説会での動員に自信、それは参議院選では票に直結する。よって、今衆議院選の東京1区の皆さんをはじめとする演説会参加者お一人びとりに感謝。

(3)

今回の選挙カーのテープ放送は、(2)の政治責任追及のみにしたが、参議院選に向けてこの政治責任追及を都内全域に広げたい。テープ放送をもってこれをする。唯一神又吉イエスの政治責任追及が、これからの日本・世界の政治の基本であり、全てであると言ってもよいからである。

(4)

唯一神又吉イエスの政策の選挙ビラの件については、作成が遅れ配布も遅れたことは誠に反省材料である。ただ、唯一神又吉イエスをはじめボランティアの皆さんの熱心さで約2000部を配布できた。

(5)

ホームページにおいて、唯一神又吉イエスの政治スタンスと政策を公開しましたが、1日に17,000のアクセスがあった日もあり、大変に感謝。参議院選では更に更にアップさせることができるようにしたい。

(6)

(1)から(5)までのことはもとより、今回の衆議院選までの政治活動・選挙運動により唯一神又吉イエスの名が知られてきていることは確か。よって、参議院選へ向けて駅前等において辻立ちを開始する。演説内容は政治責任追及と、その裏の関係にある諸々の具体的政策を語りたい。

(7)

選挙の前から政治献金をお願いしてきましたが、9月14日現在591,478円の献金をして頂きました。献金して頂いたお一人びとりに厚く御礼を申し上げます。この件につきましては、改めて詳しい報告をしたいと思います。


2005年9月16日 唯一神又吉イエス