世界経済共同体党

沖縄県知事選に思う。
 
   政治の目的は公平・平等化でなければいけない。日米安保に基づく沖縄県内米軍基地の国内全米軍基地に占める面積比は74%にのぼる。 これは全くの不公平で沖縄県に対する基地の押し付けである。 この状況下で普天間基地の移設でさえもまた県内辺野古移設と言うのでは何をか言わんやである。 それは政治の公道を損ねるものであり、断じて許してはならない。 今県知事選、県民は政治良識を以って普天間基地辺野古移設を否定すべきである。 詳しいことについては 別の物言いを見てください。

 ところで、今回の県知事選、候補者喜納昌吉の立候補には問題がある。 政治は理屈・方法すなわち理論・論理という論拠である。喜納昌吉にはそれがないと言わざるを得ない。 説明をする。辺野古移設反対の翁長雄志候補には選挙前から優位の評があった筈である。 それであるのに喜納昌吉は辺野古移設反対を掲げて立候補に割って入った。 辺野古移設問題が問われている今知事選、辺野古移設反対派が勝たなくては意味がない。 彼には辺野古移設反対派の勝利など眼中にないのではないか。全くの論拠なし立候補である。 底が抜けている。それは次のことを意味している。彼の立候補は全くの売名行為であり、政治の私物化である。 政治は公であり、そういう者は政治を行うべきでない。

 ちなみに、唯一神又吉イエスの過去の選挙立候補であるが、唯一神又吉イエスの公平・平等の政治、世界経済共同体日本論・世界経済共同体論を掲げて、 出身地宜野湾市の普天間基地問題であることも考慮して立候補してきている。 沖縄でも東京でも必要性を判断して立候補してきている。沖縄でも東京でも不要と判断した選挙には立候補していない。



<トップページへ>