世界経済共同体党

日銀総裁、村上ファンド投資のしらけの事象
 
   日本の金融界の総元締め、日本銀行総裁の福井俊彦がインサイダー取引事件の村上ファンドに投資していた。 これは、何を意味するのか。大切なこと・熟知しなければいけないことは、金融界の総元締め日銀総裁までが、村上ファンド事件のような事件にひっかかる、または、関係してしまうという経済の体質だよ。 この体質こそが、唯一神又吉イエスが言う「金が第一・金が全て」「罪・犯罪の元凶・原因」の利益至上主義経済のそれだ。 今回の日銀総裁の件をはじめ、1976年に発覚した、 元首相田中角栄の首相在任中の5億円授受をめぐる受託収賄罪が問われたロッキード事件等、述べている経済体質から出て来る金にまつわる疑獄・汚職等の事件は数えれば枚挙にいとまがない。 その度に、国民一人びとりは思う。「何か、おかしいな。世の中は。」と。田中角栄のロッキード事件の時に、唯一神又吉イエスは学習塾をやっていたが、中学生達から「首相がそんなことをしてしらけるよな。」と言う声が出た。 そうだ、問題はこの「しらけ」だよ。日本の首相や日銀総裁にまで及んだこれらの事件の度に、一人びとりが意識・無意識のうちに 「金に振りまわされるしかないのか。金にしか頼れないのか。」と、しらけ、おかしくなった。 そして、「右へ倣え」となる。それはどんどん拡大して、しらけに覆われたおかしい空気の現在の日本(世界も同じ)になった。

 このしらけに覆われたおかしい空気の社会は、一人びとりの良心や誠実さ、そして正義感を薄れさせなくさせている。 それは、一人びとりの道徳心・人心・人格を喪失させ、殺人までの罪・犯罪の誘発原因ともなる。その個人の集合体としての社会は、当然、破滅する。 更には、どうしようもない締まらないしらけでおかしくなった社会の一人びとりは、本来の生活をする気力・忍耐・我慢等も失せて 「今のままでいい。待て待て。」ということで、都市化・工業化・物質主義・便利主義の利益至上主義経済の公害を通して、人類を滅亡させる。

 以上の述べている「しらけておかしくなった社会」を通しての人類の破滅・滅亡の道が、今後一気に加速する。 唯一神又吉イエスが言う「金が第一・金が全て」「罪・犯罪の元凶・原因」の利益至上主義経済が来るべきところまで来ているのが、 現在の日本・世界の経済、新自由主義経済・グローバリズム経済・市場原理万能主義経済であるからだ。

 以上の内容・状況は述べた通り、唯一神又吉イエスが言う「金が第一・金が全て」「罪・犯罪の元凶・原因」の利益至上主義経済の体質の故であり、逃れることはできない。 どうすべきかは、常に述べている通り、唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本・世界経済共同体への道である。

 しらけに覆われ、おかしい空気の社会について述べたが、それは都市化・工業化・物質主義・便利主義の実際の生活からも、当然、出てくる。 農林漁業中心の本来の生活から遠ざかるほど、見栄・高慢等の故にしらけておかしくなるのはその通る道であるからだ。それは、根底は本文で述べたことと同じである。

 述べて来た「金が第一・金が全て」「罪・犯罪の元凶・原因」の利益至上主義経済の道に、 唯一神又吉イエスが言う「自己中心・好き勝手・やりたい放題」を止められない民主主義が大きく絡んでいることを最後に指摘しておく。



<トップページへ>