世界経済共同体党

二重国籍問題について
 
   民進党代表選を巡って二重国籍問題がクローズアップされている。

 国民一人びとりが国を想い、国のために尽くす。 そして国が国民一人びとりのために最良の政治を行い、全ての面で国民一人びとりを守る。 これが国と国民一人びとりの関係でなければいけない。それは当然のことであることを認識すべきである。

 よって二重国籍はあるべきでない。

 ここで気をつけなければいけないのは「国を想う者は世界も想うべきである。」という考え方である。 それは決して国粋主義のために二重国籍問題を使うことがあってはならないということである。

 以上、述べたことを全て行うことができるのが、唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本・世界経済共同体である。



<トップページへ>