世界経済共同体党

辺野古移設反対派市長敗ぶる。ー名護市長選
 
   普天間飛行場の辺野古移設問題の所在市の名護市長選で移設容認派の市長が当選した。

 名護市を含む沖縄県の最大の政治問題は、普天間飛行場辺野古移設問題である。それは米軍基地の沖縄県に対する過度の基地集中が不公平・不平等の強制であるからであり、更に普天間飛行場の移設まで沖縄県内の辺野古にするというのでは、考えられない不公平・不平等の強制であるからである。辺野古移設問題の核はその不公平・不平等強制論であることを忘れてはいけない。よって、この不公平・不平等強制反対論を以って徹頭徹尾戦い勝利すべきである。

 従って、この不公平・不平等強制の辺野古移設を許す政治は政治ではない。それは沖縄県・日本・世界を逆進させる逆進政治である。

 以上から、「辺野古移設反対・辺野古移設工事完全ストップ・普天間飛行場県外移設」の運動を名護市民・沖縄県民・日本人一人びとりが更に行うべきである。
 
 普天間飛行場の危険性は言うまでもない。この危険性の回避は普天間飛行場を緊急移設させて行うべきだ。嘉手納飛行場だけでなく県外の米軍・自衛隊の基地の中から早急に選定し緊急移設すべきである。首相安倍晋三がそれをやらないと言うなら、必要性無関係、必要性無視、非常識、固物頭、無能の不要政治家ということになる。安倍晋三は実にその通りの者である。

 辺野古移設問題に関して経済問題が言われるが、それは間違いである。経済とは常日頃、自分のために頑張るべきものである。辺野古移設問題は述べた通り、きちんと解決する中で一人びとりの経済生活も頑張るべきである。そこに人生の意義があることも付記する。



<トップページへ>