世界経済共同体党

普天間基地辺野古移設問題の判決は無知・無能・底抜け・間抜け判決
 
    普天間基地辺野古移設を巡る判決が16日に福岡高裁那覇支部であった。

 そもそも、普天間基地辺野古移設問題の核心はなんであるのか。それは在日米軍基地が全国で圧倒的に多い(面積比で全国の米軍基地の74%)という不公平・不平等の事実であり、その状況で普天間基地を移設することまでまた沖縄県内移設をするのかという問題である。それは沖縄県を愚弄し差別する問題の上塗りである。

 判決は政府の普天間基地辺野古移設計画を肯定し、上記の普天間基地辺野古移設問題の核心を反古にした。それは無知・無能な判決と言わざるを得ない。底抜け・間抜けの体の判決を出すのはやめろと言いたい。述べている普天間基地辺野古移設問題の核心という本題がある以上、安保問題であってもそれを満たして努力する問題であるからである。

 普天間基地は沖縄県外国内移設をするべきである。



<トップページへ>