世界経済共同体党

普天間基地辺野古移設は逆進性政治。断固、中止せよ。
 
   普天間基地辺野古移設の海の埋め立て工事が6日始まった。

 菅義偉官房長官が記者会見で、「普天間飛行場の危険除去と日米同盟による抑止力維持を考えた時に辺野古移設が唯一の解決策である。」と言っている。 何と言う、権力の座にあぐらをかいた馬鹿馬鹿しい・愚かな・堅物頭の談話であることか。底の抜けた間抜け談話である。この談話、本当にそうなのかということである。 この談話が欺瞞に満ちたものであることは明白である。

 先ず、普天間飛行場の危険除去の問題である。普天間飛行場移設問題が出てから21年になる。 沖縄県内の米軍基地が本土に比較して圧倒的不公平・不平等に多いことに基づく、普天間飛行場の危険除去のため、 その仮移設(分散移設を含む)を本土の米軍基地・自衛隊基地に求めることは容易にできた筈である。 それをしないでの普天間飛行場の危険除去の官房長官談話は恥ずかしいの一語に尽きる。

 次に、日米同盟による抑止力維持の問題である。普天間飛行場辺野古移設の核心の問題は、本土に比較して沖縄県内の米軍基地が圧倒的に多く、 その状況で普天間基地を移設することまで、また沖縄県内というのは、沖縄県に対する不公平・不平等の強制であり、沖縄県民を愚弄する政治であるということである。 この事実がありながら日米同盟の抑止力維持云々を言う官房長官談話は論外である。本土移設をした上で抑止力維持を検討するのが正当である。

 官房長官談話は辺野古移設が唯一の解決策であると言っている。まったく愚かしいことである。述べてきたことから、唯一あってはならないのが辺野古移設であるからである。

 次に、辺野古移設の海の埋め立ては、先ず不公平・不平等の辺野古移設の阻止が先の論理であるとしてきたが、ここまできたら言わなければならない。 あの辺野古の美しくも素晴らしい海は人間の環境として、唯一神又吉イエスが創造した。勝手な真似は許さない。埋め立て工事を即刻中止せよ。

 以上から、辺野古移設は逆進性政治である。断固、即刻中止せよ。



<トップページへ>