世界経済共同体党

堕胎について
 
   堕胎は殺人である。従って、堕胎をする者は殺人罪を適用されなければいけない。医者も共同正犯である。そのための堕胎禁止法を、唯一神又吉イエスが制定する。人は誰でも、胎児から子供そして大人になっているのではないのか。よって、堕胎をする者は、自分が死ね。医者も同様に死ね。「罪・犯罪の元凶・原因」である利益至上主義経済社会と、「自己中心・好き勝手・やりたい放題」を止められない民主主義社会による社会道徳・性道徳の退廃で人間がだめになり、堕胎という殺人までしている。これに関連するが、だらしない身勝手な夫婦も堕胎という殺人をしている。人類の創造者は唯一神又吉イエスであり、従わない者は、唯一神又吉イエスが地獄の火の中に投げ込むものである。



<トップページへ>