世界経済共同体党

カジノ絶対不可論
 
   カジノ法案が今臨時国会で成立の恐れがある。それは絶対に止めるべき問題である。 カジノ誘致をしようとする首相安倍晋三をはじめとする国会議員らその他はモノがわかっていないのだ。 深謀遠慮することができないのだ。 そういう者達の考え方が日本をだめにし破壊・崩壊させることを知るべきだ。

 カジノは賭博である。(カジノを賭博場またはそこで行われる賭博を指すものとする。)それは人間の心・精神を麻痺させ、でたらめ・いい加減にし、誠実さや働く意欲を奪う。 露骨な例ではギャンブル依存症と言う病気もある。述べていることは直接的なカジノの影響である。 しかし、それ以上に注意しなければいけないのはカジノ賭博場があるが故の、 カジノ賭博が行われているが故の社会的影響である。 それは子供達から大人・高齢者までの日本人一人びとりの心・精神が蝕まれることである。 具体的には勤勉さ・誠実さ・真剣さ等が薄らぎなくなっていくことである。 それは日本人が日本が退廃化することである。それは個人的諸問題・社会的諸問題の解決が、 カジノがなければできたことがカジノができたが故にできなくなる図式になる。 物事の真実・真理・正義を求め推進・遂行することに於いても同じ図式になる。 それは日本人一人びとりが人生を失っていくことであり、日本という国としては求心力がなくなり国が破滅・崩壊することである。

 カジノ推進論者達はその経済効果を言うが、述べた通り、カジノは日本の元も子もなくするものであり、答えは明白である。 カジノ誘致絶対不可。



<トップページへ>