世界経済共同体党

秋葉原の事件に思う。
 
   秋葉原の事件はまことに残念なことだ。「日本がここまで来たか。」という結論を一人びとりが持つべきである。そして、その状況を見極め、どうすればいいか、日本はどうあるべきかの答えを出さなければいけない。

 近年の日本の残酷・非情・冷酷・訳がわからない・虚無的な凶悪殺人事件の多発は何を意味するか。秋葉原の犯人が「世の中が嫌になった。生活に疲れてやった。誰でもよかった。」と言っているという。この言葉を全国民が考える必要がある。人生が最も暗くなったときの言葉である。空しさ・虚無・厭世・自暴自棄・全面否定の言葉である。しかし、述べている近年の凶悪殺人事件に個人差はあれ、このような似た傾向があることに気がつくべきである。それは、日本の国状がそういう事件を起こさせる背景になっているということである。

 普通であるならば、今回のような事件、当人は「しっかりしなければいけない。そんなことはできない、できる訳がない。」と思いとどまらなければいけない。しかし、思いとどまれず走ってしまう。日本社会に、このようなときに思いとどまらせる環境・雰囲気・状況がないということである。逆に、走らせてしまう・許してしまう環境になっているということだ。今述べたところを言葉を変えてもう一度言おう。日本に事件を思いとどまらせるしっかりした姿が見えない。逆に、背中を押すようなおかしく・だめになり・堕落退廃した状況を逐一見ているからだ。本人の困っている状況と弱さ等が、述べている日本の社会状況と絡んで凶行が起こっている。

 日本(世界も同じ)のしっかりせず、おかしく・だめになり・堕落退廃した状況とは、唯一神又吉イエスが常に言う、「金が第一・金が全て」「罪・犯罪の元凶・原因」の利益至上主義経済と、「自己中心・好き勝手・やりたい放題」を止められない民主主義の日本である。その中から具体例を三つ挙げる。

(1)利益至上主義経済とは、生き馬の目をくり抜くほどの100%の競争経済である。その競争経済が来るべきところまで来て、日本が経済格差社会になり、ワーキングプアー問題からホームレス問題までの実際の生活苦問題が発生している。それと同時に、100%の競争経済社会の中で、日本社会がそして一人びとりが冷たくなって、協力し合い・助け合い・かばい合う・親切にする・いたわるという関係がなくなってきている。他人を大切にできなくなってきているのである。その状況で一人びとりが孤独化してきている。それは危険信号である。

(2)上の(1)と重複もするが「金が第一・金が全て」「罪・犯罪の元凶・原因」の利益至上主義経済の日本社会・世の中には、金はあるが人生がなくなっている。そこに「自己中心・好き勝手・やりたい放題」を止められない民主主義が一緒になって、良きものが消え悪いものに変わってきている。良きものとは、良心・誠実・正義感・堅実さ・健全さ等であり、悪いものとは、しらけ・図々しさ・いい加減さ・だらしなさ・堕落・退廃・空しさ・虚無等である。長いもの・敵は、「利益至上主義経済の金と民主主義の自己中心」であるが、これに負けて一人びとりが人生を語れず、その確信がない。一人びとりが浮つき・ふらつき、逆には訳のわからない空しさと虚無の中にいる。

(3)守るべきは守るからこそ、一人びとりがしっかりして、それ以上のこともできるようになる。しかし、(1)(2)で述べた日本はその逆である。毎日、目にする生活の中のテレビ・映画・ビデオ・インターネット・雑誌・新聞等に於ける露骨・卑猥な映像・写真・記事の氾濫、実際生活の場でもミニスカート・胸開け・肩出し・へそ出し・腰出しといった、だらしのない堕落退廃スタイルがまかり通っている。

上の(1)(2)(3)のような現在の日本の社会状況では、事件を防げず、逆に誘発するということである。 

 以上から、困り果てて弱さをおぼえ人生の暗さに直面し、犯罪に走るかも知れない人を、皆でそして日本という国が支え・守ろうにもそれができないことがわかるであろう。このままでは日本は、更に駄目になるしかないからだ。唯一神又吉イエスが言う「金が第一・金が全て」「罪・犯罪の元凶・原因」の利益至上主義経済と、「自己中心・好き勝手・やりたい放題」を止められない民主主義の日本とは、そういう性格の社会であるからだ。解決方法は物事の真実・真理・正義の社会によってしかできない。それが唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本・世界経済共同体である。その日本に向かう政治によって、述べている、困り果てて弱さをおぼえ人生の暗さに直面し犯罪に走るかもしれない人を、皆が支え・守ることができる。そして、当人の問題自体も解決できる、直接に解決できなければ代わりの方法によって解決できる。

 最後に言おう。以上述べたことによっても、他人を殺すという考えを持つ者がいるならば、唯一神又吉イエスが言おう。「他人を殺すなら自分が死ぬべきである。」たとえどんなことがあっても他人を殺すことは許されない。殺人とは他人の全てを奪い去る行為であるからだ。 

テープ放送音声ファイル
・ 音声ファイルにつきましても文章等と同様の著作権方針となります。
・ 音声ファイルへの直接リンクはご遠慮下さい。リンクを張る場合はこのページにお願いします。



<トップページへ>