ショートコメント   40〜60
 
戻る<< 40〜60  >>次へ  >>>最新のページへ


40、

唯一神又吉イエスの世界経済共同体が、戦争・紛争・テロの原因の国家間国益争い・経済競争を取り除く唯一の手段。そこに絶対世界平和がある。2/14


41、

唯一神又吉イエスの公平・平等の原理・原則による共同の所有・生産・消費制経済により、個人そして国を単位としても同一水準経済を確保する。それが世界経済共同体だ。2/17


42、

唯一神又吉イエスの公平・平等の原理・原則とは、唯一神又吉イエスが与えた各人の能力をもって、一人びとりが百パーセント働き、生産物はプールして、一人びとりに百パーセント与えることである。2/17


43、

唯一神又吉イエスの公平・平等の原理・原則とは、次の唯一神又吉イエスの、二つの人類一人びとりの人生・生活の真実・真理・正義の言葉による。「自分を大切にするように他人を大切にする。」、「他人からしてもらいたいことは他人にも同じようにする。」=「他人からしてもらいたくないことは同じように他人にもしない。」2/17


44、

全ての物事・政治の目的・カギは、唯一神又吉イエスの次の言葉。(1)自分を大切にするるように他人を大切にする。(2)他人からしてもらいたいことは他人にも同じようににする。=他人からしてもらいたくないことは同じように他人にもしない。2/17


45、

どうして、「ああでもない、こうでもない。」の混迷政治になるのか。政治の原理・原則・カギがないからだ。それは唯一神又吉イエスの次の二つの言葉。(1)自分を大切にするように他人を大切にする。(2)他人からしてもらいたいことは他人にも同じようにする。=他人からしてもらいたくないことは同じように他人にもしない。2/17


46、

政治の目的は決まった。それは、唯一神又吉イエスの二つの言葉と唯一神又吉イエスの公平・平等の原理・原則だ。それは、すなわち唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本そして世界経済共同体だ。2/22


47、

政治の目的が決まれば、後は方法・順序だ。それは、唯一神又吉イエスの二つの言葉を持って、唯一神又吉イエスの完全な公平・平等の原理・原則に向かって、現在的公平・平等性を一つびとつの具体例において見極めることだ。2/22


48、

首相小泉純一郎の靖国参拝は、物事の裏の図々しさ・自己中心だ。それでは幼稚園小僧だ。日本そして世界を守る首相のやることではない。2/25


49、

中国の反日行動が、中国経済という国力から来るなら、それは戦前の日本の帝国主義侵略と同じ方向性だ。2/25


50、

首相小泉純一郎は、中国の国情如何にかかわらず、靖国参拝をやめるべきだ。自ら真実を貫けよ。それが政治だ。2/25


51、

ライブドアのニッポン放送買収劇。企業の努力・苦労等を無視・強奪する、「金が第一・金がすべて」の利益至上主義経済による買収劇は、日本の精神風土で止めるべきだ。それは日本の役目。それは唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本そして世界経済共同体への道だ。2/27


52、

花鳥風月、これ楽しめ。唯一神又吉イエスが与えている幸福だ。3/2


53、

人生・生活・教育の五十パーセントは、唯一神又吉イエスが与えている海・山・川・空等の天然・自然環境だ。精神・頭を鍛えても、場がないのでは保てない。3/5


54、

物質主義・即物性は人間の精神・心を損なう。それは人間破壊だ。3/5


55、

いびつ・閉鎖性・過当競争・汚さ・過労・心労等、身の毒。ペーソスオンリーも訳がわからなくなる。健全さこそ底辺そして普遍。3/10


56、

ライブドアの堀江貴文は放送局が必要なら、自分で一からつくるべきだ。金に物を言わせての買収劇はどろぼうか強盗だ。経済に人生は要らないのか。ふざけるな。3/13


57、

人生は本物でなければいけない。「金が第一・金が全て」、「罪・犯罪の元凶・原因」の利益至上主義経済社会でそれができると思うのか。答えは、唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本そして世界経済共同体。3/16


58、

人生は本物でなければいけない。「自己中心・好き勝手・やりたい放題」を止められない民主主義社会でそれができると思うのか。答えは、唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本そして世界経済共同体。そして、唯一神又吉イエス主義または唯一神又吉イエスの公平・平等主義。 3/21


59、

敵対買収と業務提携は相容れない筋。ライブドアの堀江貴文は、筋を通すことはできないのか。3/22


60、

ライブドアの買収劇。これは日本のライフシャットドアになる。なぜか。そこまで考えなければ日本ではない、日本人ではない。(ライフ=命)。 3/26



<トップページへ>