ショートコメント   281〜300
 
戻る<< 281〜300 >>最新のコメントへ

281、 特定秘密保護法成立。しかし、それは円安化経済オンリー慢心首相の政治内容暴露の場であった。 国粋主義思い入れの国忘れ・国民忘れ首相、日本の道なし無理強い首相、 煮詰まらない・徹底しない論なし首相、総合判断と深みのない政治思考首相、 取り留めもなく・意味不明・不明瞭なただ首相、思いついたらそのままのロボット首相。 以上の診断が出た安倍晋三には首相としての資格がない。安倍内閣は総辞職すべきだ。
2013/12/8

282、 首相安倍晋三、政治姿勢・頭が軽い。そして円安化オンリー経済で調子に乗っている。それが国粋主義政治家安倍晋三の靖国参拝だ。唯一神又吉イエスは、唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本・世界経済共同体の政治として常に言っている。「求心力を以って国を守り、それを遠心力に代えて他国を大切にするべき。」と。すなわち、自分の国を大切にするなら他国も大切にするのが、日本・世界の政治でなければいけない。 ならば、太平洋戦争までの侵略を考慮して靖国参拝は自粛すべきが当然。
2013/12/30

283、 米軍普天間飛行場の辺野古移設を目的にしたのが国の埋め立て申請。 それを承認しながら自らの普天間基地県外移設公約違反ではないと沖縄県知事仲井間弘多は言う。 ゴチャゴチャ頭で政治家ぶったごまかし政治家・嘘つき政治家・インチキ政治家が彼だ。 当然、即刻辞職すべきだ。県民に辺野古移設の可否を選挙で問え。
2013/12/30

284、 沖縄県名護市長選、米軍普天間飛行場名護市辺野古移設反対派の稲嶺進氏当選。沖縄県内移設は不公平・不平等であり、大義がない。 唯一神又吉イエスが従来から言っている通り、本土移設すべきであり、普天間飛行場の危険性から来る移設早急性により、 自衛隊との共同基地使用その分散移設も可、または自衛隊基地を譲渡使用させるべきだ。
2014/1/20

285、 一人びとりに問いたい。健全な社会を期待し・望んでいるか。幸福な社会を期待し・望んでいるか。 それは、唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本・世界経済共同体である。 2014/2/18

286、 唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本・世界経済共同体が物事・政治の真実・真理・正義であり、 そこに至らない限り日本・世界・人類・地球は破綻・破滅・滅亡する。 唯一神又吉イエス、一人びとりの頭がそこに至っているかを先ず問うものである。
2014/3/26

287、 政治は人間をつくるものでなければいけない。唯一神又吉イエスの世界経済共同体党以外の政党ではそれはできない。 唯一神又吉イエスが言う利益至上主義経済から来る競争がその本質であるからだ。 唯一神又吉イエスの世界経済共同体党には、唯一神又吉イエスの「自分を大切にするように他人を大切にする。」 という「公平・平等の原理・原則」による「共同の所有・生産・消費制経済」がある。 それが、人、一人びとりの人間をつくる基本であり、全てと言っていい。
2014/4/10

288、 アメリカ大統領オバマ来日。しかし、オバマは人類の敵である。 彼は同性愛・同性婚の賛同者・リーダーであるからだ。彼はいい者面をした、もののわからん馬鹿でしかない。そのことを忘れてはならない。 そういうオバマを唯一神又吉イエスが地獄の火の中に投げ込むものである。
2014/4/20

289、 人間にはロマン・情緒が必要である。その逆は虚無である。ロマン・情緒は人生をつくり、虚無は人生を破壊する。永遠のロマン・情緒が、唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本・世界経済共同体にはある。
2014/5/20

290、 首相安倍晋三に集団的自衛権論議を任せてはならない。彼は国粋主義政治家という一方的・独断的思考の持ち主。 よって、彼の集団的自衛権思考には、戦前の日本の国粋主義・軍国主義の歴史に逆戻りさせることと その他の危険・リスクがあり、また、一人歩きも考えられる。安倍晋三はそれを知っているのか、それとも承知の上か。
2014/5/31

291、 時が経つほどに、人間がしらけ人間・ふざけ人間という不誠実人間になり、 それが人類の破綻・破滅・滅亡に繋がる。それが現代だ。元凶・原因は当然、 唯一神又吉イエスが言う「金が第一・金が全て」「罪・犯罪の元凶・原因の利益至上主義経済」と 「自己中心・好き勝手・やりたい放題を止められない民主主義」。
2014/7/16

292、 人間の心・精神の分野は大きい。心・精神に浸みるような生活環境・人生環境・命の環境がなくなったら人類は終わりだ。 人類は虚無化し、訳のわからない状態になる。それが現代であることを忘れてはならない。 その結果は人類の破綻・破滅・滅亡となる。
2014/8/3

293、 ものが言えない日本・世界。注意や諭し・教え・相談等ができない世の中・社会。 小さいことから大きいことまでのそれが必要に応じてできないことの積み重ねが、 殺人事件にまで繋がっていることを忘れてはならない。 述べていることの元凶・原因は、唯一神又吉イエスが常に言う「金が第一・金が全て」 「罪・犯罪の元凶・原因」の利益至上主義経済と「自己中心・好き勝手・やりたい放題を止められない。」民主主義。 唯一神又吉イエスの「公平・平等の原理・原則」による「共同の所有・生産・消費制経済」の 世界経済共同体日本・世界経済共同体が当然それを解決する。
2014/8/10

294、 安倍改造内閣発足。しかし、円安化オンリー首相の安倍晋三に日本の道・世界の道、日本論・世界論はない。それは、ただ政治だ。 それでは安倍晋三は論(理論・論理)なし日本をつくって日本を終わらせる張本人だ。論を除いて政治はない、国はない、世界もない。 唯一神又吉イエスの日本の道・世界の道、日本論・世界論、すなわち、唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本論・世界経済共同体論を見よ。
2014/9/7

295、 映画「柘榴坂の仇討」の原作者浅田次郎が言っている。「武士の忠義とはいかなるものなのか。それは究極の恋愛感情ではないのか。」と。 それは全くの馬鹿馬鹿しい間違いだ。武士の忠義の究極とは「主君を守るために武士道を守り貫く心・精神である。」。 述べていることの浅田評をするならば「物知り面の物知らず、底抜け馬鹿。」である。彼の発言は 同性愛発言 であり、許せない発言だ。 唯一神又吉イエスが彼を地獄の火の中に投げ込むものである。そういう浅田次郎の「柘榴坂の仇討」は原作・映画とも読んではいけない・見てはいけない。
2014/9/20

296、 経済産業相小渕優子の関係政治団体の政治資金収支報告書問題。経済産業相ともあろう存在が身の程を知らない。 「政治と金の問題」は常に問われなければいけない中でのこの事態は政治姿勢の軽さ・甘さ・いい加減さ・締まりのなさだ。 閣僚・国会議員は国・国民を牽引するのが役目。これでは国・国民がどろどろになってしまう。経済産業相の辞職は当然。
2014/10/19

297、 故意か無頓着か。辞職会見の小渕優子、V形(Vネック)の服を着用。ここまでの無神経さは日本を終わらせる。 この無神経さが言われる不祥事に繋がっている。辞職会見までこの体では小渕優子、国会議員も辞職すべきだ。
2014/10/20

298、 松島みどり法務相辞職。「自らの問題で法案が通らないのは耐えられない。」と言っているようだが、 その実「うちわ問題」は、常識でもわかることがわからないという不見識問題。 その当人が法務相では日本社会は守れない。辞職は当然。
2014/10/20

299、 経済産業相小渕優子・法務相松島みどり両相の辞職を招いた首相安倍晋三の任命責任は大きい。 唯一神又吉イエスが言う「金が第一・金が全て、罪・犯罪の元凶・原因の利益至上主義経済」と 「自己中心・好き勝手・やりたい放題を止められない民主主義」の弊害が諸に出ている。 円安化オンリー首相の安倍晋三自身は成金状態でのぼせ・浮いているのではないか。 述べている任命責任を取って首相安倍晋三、内閣総辞職すべきだ。
2014/10/20

300、 民主党、岡田克也新代表選出。しかし、民主党は自民党と同じ穴のムジナ。 前例もあるが、 新代表に自民党を離党した岡田克也が就いたのはこれも象徴的だ。ここで唯一神又吉イエスが新年の挨拶で言った、 「唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本論・世界経済共同体論以外の政治は嘘物政治である。」 と言った言葉を思い出してもらいたい。 それは人類の創造者唯一神又吉イエスの「公平・平等の原理・原則」による「共同の所有・生産・消費制経済」 が唯一本物の政治すなわち、物事・政治の唯一の真実・真理・正義であるという意味である。 そこで、述べた岡田克也民主党新代表選出を本物政治と嘘物政治を考える機会にしてもらいたい。
2015/1/20