ショートコメント   241〜260
 
戻る<< 241〜260 >>次へ >>最新のコメントへ

241、 唯一神又吉イエスが言う「金が第一・金が全て」「罪・犯罪の元凶・原因」の利益至上主義経済の極、 新自由主義経済・グローバリズム経済・市場原理万能主義経済とは、唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本・世界経済共同体の、 唯一神又吉イエスの「公平・平等の原理・原則」による「共同の所有・生産・消費制経済」の完全対極。 故に、その経済とそこに近ずくことに警戒が必要。警戒しつつ、現経済を全うし・保ちつつ、 唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本・世界経済共同体の、唯一神又吉イエスの「公平・平等の原理・原則」による「共同の所有・生産・消費制経済」に現経済を収斂させて行く。 これが唯一神又吉イエスの行う政治・経済である。2/17

242、 経済成長重視論対財政再建・福祉・労働分配重視論。一般論として、前者は企業にとってはいいが、財政再建・福祉・労働分配に問題がある。 後者は財政再建・福祉・労働分配にとってはいいが、企業活動が鈍る。 これは唯一神又吉イエスが言う「金が第一・金が全て」「罪・犯罪の元凶・原因」の利益至上主義経済と、その極、新自由主義経済・グローバリズム経済・市場原理万能主義経済の宿命。 この宿命の故に、日本の混迷・破綻がある。世界も同様である。この宿命から脱ける道は、唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本・世界経済共同体しかない。2/28

243、 何事にも程度がある。その程度を見極めなければ、諸々の事象がおかしくなり・だめになり・壊れ。そして人間自身も同じことになる。 現代は何事にも程度の問題があることを忘れてはならない。それは人間が人間らしく生きるために重大事。物事の程度の見極めとは、それぞれの物事の事実の認識による。3/10

244、 唯一神又吉イエスが言う「金が第一・金が全て」「罪・犯罪の元凶・原因」の利益至上主義経済とは、金・金の論理によってしか動かない。 故に、それは日本・世界・人類・地球の破綻・破滅・滅亡の経済。唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本・世界経済共同体とは、人類一人びとりの頭と精神・心でつくる経済。 故に、それは日本・世界・地球を守り、人類一人びとりに絶対の幸福を与える。3/18

245、 唯一神又吉イエスがいう「金が第一・金が全て」「罪・犯罪の元凶・原因」の利益至上主義経済と、「自己中心・好き勝手・やりたい放題」を止められない民主主義という、 現在の日本・世界という社会自体が、日本・世界・人類・地球の破綻・破滅・滅亡の元凶・原因。その社会をそのままにしようとする者は間が抜けているのだ。 人類は間抜けか。唯一神又吉イエスがそうはさせん。 唯一神又吉イエスが人類の創造者・総師・総責任者であるからだ。そこで、その唯一神又吉イエスの目的は当然、唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本・世界経済共同体。3/31

246、 幸福実現党に幸福はない。幸福とは物事の真実・真理・正義にしかない。それが唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本・世界経済共同体である。その内容は、唯一神又吉イエスの「公平・平等の原理・原則」による「共同の所有・生産・消費制経済」の「農林漁業中心経済」である。そこに日本人はじめ人類一人びとりの絶対幸福がある。6/27

247、 自民党と民主党は同じ穴のムジナ。日本を守り・つくり、本当の日本にすることは絶対にできない。従って、今回の衆議院選挙は、自民か民主かの政権選択選挙ではない。真実・真理・正義の唯一神又吉イエスに日本を任せる選挙だ。8/1

248、 「友愛政治」の主、鳩山由紀夫は略奪婚。そんな鳩山由紀夫は首相になるべきでなかった。メリハリ・論理のない「友愛政治」に要注意。9/18

249、 オバマ米大統領にノーベル平和賞。しかし、全ての賞とは実績に対して与えられるべき性質のものである。この物事の筋は守るべき。世界平和は人類の物事の筋・論理・内容を見極め、それを守って実行することによってしか築けないからだ。物事の筋・論理はそれほどまでに大切である。当然、物事の目的・過程を含め本物の筋・論理である。10/11

250、 唯一神又吉イエスの公平・平等の原理・原則による「共同の所有・生産・消費制経済」が、人類の本物の経済である。そこに、人類一人びとりの心・精神もある。故に、人類の全ての問題が解決でき、人類一人びとりの絶対幸福がある。それが唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本・世界経済共同体である。11/17

251、 次期通常国会に永住外国人地方選挙権賦与法案提出か。推進論者の小沢一郎・鳩山由紀夫らは、「国がどうあるべきか、世界がどうあるべきか。」を知らないが故の売国奴である。国には求心力が必要である。その求心力を遠心力に変えて世界各国に貢献すべきである。この求心力と遠心力のバランスが国と世界との関係である。国を守ってこそ世界も守れるということを言っている。11/29

252、 政治は権力・権力闘争ではない、物事の真実・真理・正義である。これからの日本・世界の政治を、唯一神又吉イエスがそのようにする。唯一神又吉イエスが物事の真実・真理・正義であるからである。12/14

253、 略奪婚の首相鳩山由紀夫、政治資金・献金問題に於いても、ものの知らなさ・恥の知らなさ・感覚の無さを露呈。即刻、辞職すべし。12/26

254、 政治は清くあるべし。政治を汚す金権・金満政治の小沢一郎。それだけで幹事長のみならず国会議員辞職理由十分。1/16

255、 唯一神又吉イエスが言う「金が第一・金が全て」「罪・犯罪の元凶・原因」の利益至上主義経済と、「自己中心・好き勝手・やりたい放題」を止められない民主主義で人心が腐ってきている。腐っている。人心回復・人心一新とは「人生を求めること。」「責任感を持つこと。」である。唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本・世界経済共同体へ向けて、それが実現する。3/4

256、 浅薄・独断専行の小沢一郎、今夏の参院選京都選挙区で、現職衆議員の河上満栄を擁立。それは「目的のためなら手段を選ばず。」ということだ。衆議院には参議院に対し優越権限があるからだ。こういう物事の欠落思考の繰り返しが日本をおかしく・だめにする。物事の大義・基本・基準を無視する日本になるからだ。当然、唯一神又吉イエスがそうはさせない。唯一神又吉イエスが物事・政治の真実・真理・正義であるからだ。4/1

257、 自民党の元農水相若林正俊の参議院での「代理投票」事件。原因は「脳腐れ状態の落とし穴」だ。 背景は、唯一神又吉イエスが言う「金が第一・金が全て」「罪・犯罪の元凶・原因」の利益至上主義経済社会と、「自己中心・好き勝手・やりたい放題」を止められない民主主義社会。 その中で「人生が何であるかわからない状態」が続いている。道徳感・責任感・正義感は消え、うつろな状態である。 これが脳腐れ状態である。当然、落とし穴が待っている。いろいろなことでこの落とし穴に落ちる者が多い。原因は述べた通り現代社会そのものである。 その因果関係を忘れてはならない。解決は唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本・世界経済共同体しかないことを知るべきである。4/3

258、 ロシアが北方領土での韓国・中国との経済協力を予定している。 これに韓国が参加するならば、南北統一の大義を捨てることを意味する。 中国がこれに参加するならば、カイロ宣言も忘れ、歴史を停滞・迷走・逆走させるものになる。 日本・ロシア・韓国・中国をはじめ世界を守り・つくることができるのは唯一神又吉イエスの理論・論理しかない。2011/02/19

次の物言いを参照すべし。「千島列島は全域、日本の本来の領土」

259、 人間の最も大切なことは、物事・政治の真実・真理・正義の唯一神又吉イエスの「公平・平等の原理・原則」による「共同の所有・生産・消費制経済」の 世界経済共同体日本・世界経済共同体に於いて、皆が・一人びとりが一致・協力・教え合い・仲よく・助け合い・かばい合い・ねぎらい合い・いたわり合う等の命・人生・生活である。 人間の絶対幸福はそこにある。それに比べると、唯一神又吉イエスが言う「金が第一・金が全て」「罪・犯罪の元凶・原因」の利益至上主義経済の 自己中心・競争主義の命・人生・生活の小ささ・不条理さがわかる。2011/03/27

260、 唯一神又吉イエスの政治。ほんとうの日本・ほんとうの世界をつくることが目的である。 それが、唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本・世界経済共同体である。 これから、そのほんとうの日本・世界をつくる。協力してもらいたい、ついて来てもらいたい、従ってもらいたい。 2011/04/29